名古屋のインプラント、矯正歯科治療なら名古屋市瑞穂区のかすや歯科医院

インプラント症例

  • インプラントの特徴
  • インプラント症状
  • インプラント費用
  • 骨移植・骨構造
  • CGF

症例1 右下顎大臼歯

右下顎大臼歯
右下顎大臼歯
右下顎大臼歯

患者様は50代の女性。40代のころに、虫歯で大臼歯2本を抜かれてしまったそうです。最初は保険の義歯を入れられていたそうですが、あの金属のバネが嫌で、少し費用をかけて、保険外で金属のバネのない義歯を作られたそうです。しかし、やはり顎(義歯の床)つきであり、取り外さなければならないこと、十分な力で咬めないことで、ずっと悩み続けていたそうです。通院されていた歯科医院ではインプラント治療を行っていないためか、インプラントの事は一切説明されたことがなく、数年前にインプラントの事を知って、インプラント治療を考えられていたそうです。上の写真は当院に来院されて、インプラント治療について説明させていただき、治療開始後、インプラントを埋入する大臼歯の前の歯(小臼歯)、の治療も必要だったので、治療を行い、仮歯を入れた、手術直前の状態です。 この後、インプラント埋入術を行い、上部構造が装着されたのが、下の写真です。

インプラントの上部構造にセラミックの歯が入り、その前の小臼歯も、セラミックの歯で回復し、見た目もきれいで、よく咬めるようになり、大変満足していただけました。

症例2 上顎前歯1歯

上顎前歯1歯
上顎前歯1歯
上顎前歯1歯

患者様は40代男性。上顎前歯の右側の1本が虫歯で、かなりひどいため、神経を抜いて、歯根の治療を行い、差し歯にされていたそうです。しかし、やはり、虫歯の状態が悪かったため、歯根がいよいよダメになり、抜歯、ブリッジか入れ歯かインプラントかということで考えておられたそうです。インプラントにしようと決心され、インターネット検索を行い、当院のホームページをご覧になり、技術力の高さに期待されて来院されました。まずは、バネのない入れ歯をお作りして、見た目の悪さを改善しておいて、インプラントを埋入しました。

待機中も、バネのない入れ歯を装着していただきながら、上部構造を完成させました。隣の天然歯と区別のつかないほどの素晴らしい仕上がりに、大変ご満足いただけました。

症例3 左側上顎大臼歯

左側上顎大臼歯
左側上顎大臼歯
左側上顎大臼歯

患者様は50代男性。虫歯と歯周病、両方悪くて抜歯となり、入れ歯を作製、装着してみたのですが、全然ダメで、すぐに外して、それきりになっていたそうです。通院されていた歯科医院では、一応インプラント治療をされており、インプラントも勧められたそうですが、その勧め方、説明の仕方があまり積極的でなく、何となく不安を感じるため、他院で相談しようか、ずっと悩んでおられたそうです。知人に聞かれたり、インターネットで調べたりされたそうですが、どこへ相談にいっていいかも分からずにいたところ、ご友人の勧めで、当院に相談に来られました。

上顎の大臼歯部は骨量が不足していることが多く、経験の浅い歯科医では、難症例になることがしばしばです。この患者様の場合も、少量ですが、骨造成術を併用して、インプラント埋入を行い、上部構造まで、完成させました。

症例4 左側上顎前歯・臼歯

左側上顎前歯・臼歯
左側上顎前歯・臼歯
左側上顎前歯・臼歯

患者様は50代女性。前歯から臼歯にかけてブリッジを装着されていたのですが、ブリッジを支えていた歯が歯周病のためにグラグラになり、当然、その歯根周囲の骨が吸収されてしまい、抜歯せざるを得なくなりました。通院されていた歯科医院で、入れ歯かインプラントが必要と言われ、説明も受けられたそうですが、インプラントにするには、前歯部の骨の幅が狭く、大臼歯部にも骨が不足していて、難しいと言われたそうです。ご友人の紹介で、当院に相談に来られたのですが、大臼歯まで回復するためには、サイナスリフトというやや大きな骨造成術が必要でした。前歯部も骨幅を拡げるような手術を併用する必要がありました。手術の大変さ、経済的な理由も加味して、小臼歯までの回復を行うこととなりました。

前歯部から小臼歯部にかけて、矢印の部位に4本のインプラントを埋入し、5歯の形態を工夫して回復し、機能的にも、見た目にも満足のできる状態にできました。小臼歯までしか歯がありませんが、十分食事ができ、喜んでいただけています。

症例5 下顎全歯

下顎全歯
下顎全歯
下顎全歯

患者様は60代男性。下顎の犬歯が2本残っていて、ここに入れ歯のバネをかけていたのですが、いよいよこの歯もダメになり、グラグラになって抜かなくてはならなくなりました。あとは総入れ歯にするしかありませんでしたが、総入れ歯は絶対に嫌ということで、インプラント治療をお考えになり、インターネットで調べられて、費用、実績の面で安心できると、当院を受診されました。骨量はまったく問題ありませんでしたが、手術後の治癒待機期間にも、そのまま現在の入れ歯を、今の状態で使用できるように、インプラント埋入手術は犬歯を残したまま行い、二次手術までは、犬歯にバネをかけた入れ歯をそのまま使っていただきました。

インプラントを矢印の部位に8本埋入し、14歯を回復しました。前歯から第二大臼歯まで回復でき、奥歯で噛みしめられるという点で、非常に満足度の高い、しかも審美的にも十分満足のいく状態になりました。

症例6 上顎前歯

上顎前歯
上顎前歯
上顎前歯

患者様は40代男性。差し歯になっていた前歯3本は、虫歯がひどくて、歯根が破折している歯もあり、もう抜かなければならないと、かかっていた歯科医に言われたそうです。その歯科医院では、インプラント治療を行っておらず、犬歯から犬歯までの、長いブリッジをする予定を立てていたそうです。しかし、患者様はインプラント治療を希望してインターネットで検索され、近くで良さそうなところということで当院を選択、相談においでになりました。骨量は問題なく、3歯の欠損に対し、3本のインプラント埋入を行いました。

上顎前歯3歯、インプラントの上部構造が完成したところです。両隣の歯は、まだ仮歯ですが、これをインプラントの歯と同じセラミックで仕上げる予定です。

症例7 上顎全歯

上顎全歯
上顎全歯
上顎全歯

患者様は80代男性でした。ずっと総入れ歯を使っておられたのですが、どうしても入れ歯では満足できず、なんとかして欲しいと強く希望されていました。インプラント治療のことをお知りになり、当院に相談に来られたのですが、なんといってもご高齢だったので、もう一度、当院にて入れ歯を作製してみましたが、やはり満足していただけませんでした。そこで、ご高齢ですが、お体の状態は検査にて問題なく、非常にお元気な方で、骨量もなんとかありましたので、インプラント治療を行うこととしまた。全身状態に十分注意を払いながら、手術を行い、上部構造作製も順調に終了しました。

矢印部に7本のインプラント埋入で10歯を回復しました。とてもよく咬めるようになり、見た目もきれいになって、これでご満足いただけました。

症例8 上顎前歯

上顎前歯
上顎前歯
上顎前歯

30代女性。上顎前歯の差し歯がとれて、近くの歯科医院を受診されたそうですが、歯根がボロボロで、残すことができず抜歯され、しばらくの間、義歯を装着されていたそうです。まだお若いので入れ歯にはやはり抵抗があり、インプラント治療を考えられたていたそうです。ご友人の紹介で、他の歯科医院を受診され、その歯科医院が、当院のインプラント治療に対して高い評価をしていただけていたので、さらに紹介されて、当院にて治療させていただくこととなりました。左側前歯と右側犬歯の間に、本来2本の前歯があるのですが、歯並びが悪く、スペースが2歯分はありませんでした。そこで、インプラントを1本だけ埋入し、上部構造を工夫して作製することとしました。

インプラントの上部構造が完成したところです。形態、色調に工夫を加え、自然な感じに仕上がりました。

症例9 左側上顎小臼歯

左側上顎小臼歯

患者様は50代女性。お母様が、お知り合いのご紹介で、当院にインプラント治療の相談に来られ、インプラント治療をさせていただいた患者様です。そのお母様が、娘の治療もということで、来院され、当院にて、虫歯、歯周病の治療をさせていただいていました。十年以上前に、他院で治療をされていた、左上顎の小臼歯が歯根の破折を起こして、抜歯せざるを得なくなり、抜歯。治療法としては、ブリッジでも十分可能でしたが、前方のまったく虫歯のない歯を削らなければならないということに抵抗があり、インプラント治療を選択されました。1本のみインプラントを埋入して、上部構造には、オールセラミック(ジルコニアボンド冠)を使用しております。

左側上顎小臼歯
左側上顎小臼歯

オールセラミック(ジルコニアボンド冠)が完成したところです。前方の小臼歯は削らずに温存でき、その天然歯と較べても、遜色のない、美しい仕上がりになっています。

症例10 下顎前歯

下顎前歯

患者様は60代男性。下顎前歯の4本が歯周病でグラグラとなり、抜歯せざるを得ない状態でした。入れ歯は嫌で、インプラント治療をお考えで、どこか良いインプラント治療の歯科医院はないか、ご自分で検索され、多くの歯科医院のホームページをご覧になり、いくつか相談に行かれた上で、いちばん納得がいく治療の説明、実績、費用であったということで、やや遠方でしたが、当院をお選びいただいたとのことでした。骨の状態は問題なく、抜歯した部位の治癒を待って、手術を施行しました。

下顎前歯
下顎前歯

前歯4本の欠損に対し、2本のインプラント埋入を行い、上部構造で、4歯回復して完成しました。現在、欠かさずメインテナンスにおいでになっていただき、良好な状態を維持できております。

症例11 下顎臼歯

下顎臼歯

患者様は70代女性。左下顎臼歯部の歯を喪失し、他院にて義歯を作製するなどしていたのですが、どうしても具合が悪く、満足に食事ができない状態だったそうです。歯科技工士である、甥御様が、当院の患者様であり、長く当院に通院されていたのですが、当院でのインプラント治療を勧めていただき、ご相談においでになりました。骨量は十分であったので、3本のインプラント埋入術を行いました。 来院時、咬み合わせも悪くなっていたため、他の歯も治療を行い、必要なものは、冠をかぶせて適切な咬合が得られるようにし、インプラントで、小臼歯2歯、大臼歯1歯を回復しました。

下顎臼歯
下顎臼歯

咬み合わせも良好となり、十分な咬合力が発揮できるようになり、食事が美味しいと、大変喜んでいただけました。

症例12 下顎大臼歯1歯

下顎大臼歯1歯

患者様は50代女性。右下顎第一大臼歯部を抜歯され、長い間放置していたそうです。通院していた歯科医院では、ブリッジを勧められていたそうですが1本前の健全な歯を削られてしまうのが、どうしても嫌で、インプラント治療をお考えになったそうです。お知り合いのご紹介で、当院を受診され、ここに1本のインプラントを埋入して歯を回復するということで、同意されました。1本後方の歯は、仮歯の状態です。

下顎大臼歯1歯
下顎大臼歯1歯

上部構造が完成、1本前の健全な歯は削ることなく温存されました。後方の歯もセラミックで被せて、きれいになりました。

  • インプラントの流れ
  • 静脈内鎮静下手術
  • インプラントQ&A

PAGE TOP