名古屋のインプラント、矯正歯科治療なら名古屋市瑞穂区のかすや歯科医院

再生医療・CGF

再生医療のひとつ、濃縮成長因子を含むジェルを利用して骨の再生、創傷治を促進

血液を遠心分離器にかけることよってできる、この濃厚血小板、成長因子を含むジェルを、手術部位に用いることによって、骨の再生、傷の治癒が促進されることが分かってきました。インプラント手術を行う際、患者様ご自身の血液からこのジェルを作製し、有効に利用することによって、治療の成功を、より確実なものにするようにと行っております。iPS細胞などの非常に高度な再生医療ではありませんが、これも再生医療のひとつとされており、厚生労働省に届け出、毎年の報告を行っております。

  • インプラントの特徴
  • インプラント症状
  • インプラント費用
  • 骨移植・骨構造
  • CGF

CGFとは

CGFとは「Concentrated Growth Factors」の略で、直訳すれば、「濃縮成長因子」ということになります。 実際に生成、使用するのは、「血小板や成長因子を高濃度に含むフィブリンゲル」で、通常はこの血小板を多く含んだフィブリンゲルをCGFと呼んでいます。

血小板の働き-止血と組織の修復

CGFとは「Concentrated Growth Factors」の略で、直訳すれば、「濃縮成長因子」ということになります。 「血小板」は一般の方でもよく耳にされると思います。 血液中の成分のひとつですが、実に多くの働きをしています。 傷ついて出血した際に、まず血小板が凝集して傷口を塞ぎ、一次血栓を形成します。 そして、血小板には血を固まらせるための凝固因子が含まれていて、ここから、その凝固因子が放出され、血液中のフィブリンが凝固し、さらに赤血球が加わって、二次血栓が形成され、止血を完成させます。 そしてさらに、血小板には傷を治癒させるための成長因子(細胞増殖や血管新生などを促進する物質)が含まれており、血栓を形成した後に、この成長因子を放出することで、組織を再生、創傷の治癒を促すのです。

CGFの作製法

血液検査用の試験管に採決した血液を適切な回転数で、適切な時間、遠心分離機にかけます。 これによって、赤血球と血漿が分離されるだけでなく、血漿部分の凝固因子が刺激されてフィブリンが形成され、ゲル状となり、血小板や成長因子が多く含まれるフィブリンゲルが生成されます。

CGFの使用法

1.CGFフィブリンゲルを押しつぶしてシート状にし、インプラント埋入部に被せてから縫合することで、治癒、インプラントの生着をより確実にする。

2.サイナスリフトの際、CGFフィブリンゲルを骨補填材と混ぜて、上顎洞に填入。シート状にして、開窓部を被覆する。

3.抜歯即時埋入時、あるいは骨欠損存在部へのインプラント埋入時に、インプラント埋入後、骨不足部分に骨補填材と混ぜて填入。シート状にして、その部位をカバーする。

4.抜歯窩にCGFフィブリンゲル単独、あるいは骨補填材と混合して填入。

CGFの有効性

1.手術後の組織の再生、治癒を促進

インプラント埋入手術や骨造成術、抜歯術では、その術後に、骨や歯肉の組織が正常に再生、治癒して、はじめて成功に向かいます。この組織の再生、治癒が、異常とならず、より早く進行すれば、より高い成功率となります。手術部位に、CGFを用いることで、すなわち、多くの血小板と成長因子を存在させることで、組織の再生、治癒が促進され、より良好な結果が得られます。

2.手術に適した性状

ゲル状のフィブリンは、手術部位に填入し易く、とどまり易いし、顆粒状の補填材との混合も容易です。また押しつぶしてシート状にでき、メンブレンとしても使用できます。手術用の素材として大変適した性状です。

3.完全自己血由来

患者様自身の血液、細胞ですので、拒絶反応、アレルギー反応、術後感染の心配がありません。

4.作製が容易

血液検査と同様に、ごく普通に採血を行うのみで、遠心分離器にかければ、わずか12~13分で出来上がります。密閉したままの試験管で作製しますので、使用まで清潔状態を確保できます

血小板に含まれる因子(生物学用語辞書より引用)

1.血液凝固因子、血液凝固関連因子

フォンウィルブラント因子(von Willebrand factor)

血中にある凝固因子のひとつ
血管が傷害され出血をきたしたときに、傷害された血管内皮の下に存在するコラーゲンに結合する

血小板第4因子

ヘパリンに強く吸着することにより、ヘパリンの凝血阻止作用を阻害するタンパク質

トロンボスポンジン

ヘパリン、フィブリノゲン、カルシウムイオンと結合して血液凝固に関与するタンパク質

フィブロネクチン

血餅を形成する繊維状タンパク質

2.成長因子

PDRF

血中にある凝固因子のひとつ
細胞増殖の促進、血管の新生、マクロファージの活性化

TGF-β

コラーゲンの産生促進、細胞の分化や増殖、遊走を調整

VEGF

血管新生を炎症のコントロール

EGF

上皮細胞の成長を促進

  • インプラントの流れ
  • 静脈内鎮静下手術
  • インプラントQ&A

PAGE TOP